テレワーカーで光回線がない方はWiMAXがあると便利!

テレワーク体制になったはいいものの自宅にインターネット環境が整っていない方は意外といるかも知れません。特に現在はテレワーク化が急激に進められている関係系で、光回線工事に3ヶ月以上待たされるケースもあります。

そこで役立つのがWiMAX。WiMAXであれば光回線工事を待たずにすぐ安定したインターネットを利用できるようなります。今回は光回線を契約していない方におすすめなWiMAXについて紹介します。

光回線ではなくWiMAXを選択するメリット

工事不要&数日で届く

光回線の場合は申込から開通まで数ヶ月かかります。そのためテレワークが始まってから光回線工事の申し込みをしても開通まで相当待たされることにまります。

ですがWiMAXなどのモバイルWi-Fiであれば工事が不要であるほか数日でルーターとSIMカードが届きます。

届いたル-ター同梱されていたSIMカードを挿入したらモバイルWi-Fi環境完成です。バッテリーが続く限りどこでもインターネットを利用できます。

外出先でも使える

光回線は固定回線であるため光回線を引いている屋内でしか使うことができません。ですがWiMAXであれば持ち運びが簡単なモバイルルーターが用意されています。

WiMAXであれば出張先でもインターネット環境に困らずいつでもどこでもほかのテレワーカーと連絡を取り合えます。

喫茶店などにある公共Wi-Fiを使う必要もなくなるため、セキュリティも確保されます。WiMAXの回線はほかのWi-Fiとは独立しているほか暗号化されているため盗聴される心配もありません。
そのためWiMAXを使えば外出先でもセキュリティを保ちつつインターネットを利用することが可能です。

最低利用期間がないモバイルWi-Fiが存在する

WiMAXを含む回線関係の話だと最低利用期間が設定されており、好きなタイミングで解約できないから利用したくてもできないという方も多いかと思います。

ですが実は最低利用期間がないモバイルWi-Fiも存在します。詳しくは後述しますが「FUJI Wifi」というマルチキャリア対応のモバイルWi-Fiサービスです。

最低利用期間がないため光回線工事が終わるまでの繋ぎにもできますし、テレワーク期間終了後にすぐ解約することも可能です。

スマホの通信制限を防げる

スマホのテザリング機能でインターネットを利用する方も多いかと思いますが、テザリング機能を使っているとすぐに通信制限に来てしまいます。

スマホの通信制限はWiMAXと違って月末まで響く上にまともにインターネットを使うことができないくらい通信速度が制限されます。

ですがWiMAXを別途用意しておくことでスマホの通信量を無駄に消費することがなくなり、通信制限になるかどうか悩まずにインターネットを利用できます。テレワーク化によってインターネットを利用する機会がかなり増えるので、オフィス勤務の時代は全然通信制限ならなかったのにテレワークが始まった瞬間いきなり通信制限になりだしたという方はWiMAXを用意しておくといいでしょう。

WiMAXはスマホでも使えるので、スマホが通信制限になった際も安心です。通信制限が緩いWiMAXを使えばYouTubeなどで動画をたくさん見る人も安心です。

WiMAXの通信制限は大丈夫?

光回線ではなくWiMAXを選ぶ上で気になるのが通信制限です。WiMAXが登場した直後は通信制限が一切ないWiMAXが多かったですが、利用者の増加に合わせて一定の条件下で通信制限が課せられるようになりました。

ですがテレワークであれは実はあまり気にならない問題だったりします。というのもの通信制限の条件はスマホ回線と比べると極めてゆるく、

  • 利用者が増加する18時~翌2時まで通信速度を1MBに制限する

というものが多いからです。決められた時間外であればどれだけ通信量を消費しても通信制限がかかることはほぼありません。

あり得るとしたら月間300GB超えレベルの他のユーザーに影響を及ぼす可能性のある使い方をしたときくらいです。30日間毎日フルHD画質で10時間以上再生することでもない限り大丈夫でしょう。

テレワークをするといっても実際に仕事をするのは日中がほとんどなので、通信制限の条件を満たしてしまったとしても仕事中に通信速度が制限されるということはほとんどないのです。

通信制限になることもそうそうないですし、オンライン会議で使われることが多いZoomやChatworkは通信量が少なく、毎日5~6時間以上オンライン通話を繋いでいることでもない限り通信制限にかかりません。

テレワークにおすすめのWiMAX3選

それではテレワークと相性抜群の WiMAX を3つ紹介します。

GMOとくとくBB

月額料金が最安級

GMO とくとく BB はWiMAXの中でも月額料金が非常に安く、月間通信量無制限のギガ放題プランが月額2,590円から利用できます。

また月額料金が割引される期間限定キャンペーンも開催されており、契約してから2ヶ月間は通常料金から1,673円割引されるようになっています。

初月は日割り計算で行われるため、初月に支払うのは契約事務手数料くらいしかありません。

GMO とくとく BBはWiMAXで必要となるルーター本体も無料です。(本来なら安くても1万円以上かかります)

対応エリアがかなり広い

GMOとくとく BB は対応しているエリアが非常に広く全国どこでも使用することができます。使えないと言ったら電波が届かない山奥やスマホ回線(LTE/4G/5G)も通っていないような田舎くらいでしょう。

そのため旅行するときもWiMAXを持っていくことで通信量を気にせずインターネットを利用できます。出張など遠くに出かける際の移動時間も通信量を気にせずインターネット利用できるおかげで、暇つぶしにも困らないでしょう。

ルーター端末を返却する必要がない

GMOとくとくBBで利用するモバイルルーターはレンタル式ではありません。解約後も手元に置いておくことが可能です。

ほかのSIMカードを挿入して使うのはもちろんのこと、メルカリのフリマサービスで売ることもできます。解約後にモバイルルーターを売ることも考えると結構お得になるでしょう。

3,000円のキャッシュバック

GMOとくとくBBは各種割引に加えて3,000円のキャッシュバック特典がついています。

実質1ヶ月分以上の利用料金を節約できる計算であるため、かなりお得でしょう。

auスマホ割対応

GMOとくとく BB のギガ放題プランはauスマホ割プランに対応しています。auユーザーであればGMOとくとく BB を契約するだけで最大で月額1,000円も割引してくれます。

auユーザーなら年間10,000円以上もスマホ料金がお得になるため、auユーザーならGMOとくとくBBが一番おすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+

キャッシュバックを受け取れるのが早い

通常、キャッシュバックのあるサービスでも実際にキャッシュバックを受け取れるのは契約してから12ヶ月後など結構先であることが一般的です。

ですがBIGLOBE WiMAX 2+はなんと契約した月の翌月にキャッシュバックを受け取ることが可能です。

翌日のキャッシュバックを受け取る条件としてデータ端末の同時申し込みが必要となっていますが、このデータ端末とはWiMAXを使う上で必要となるモバイルルーターのことです。

そのため誰でも簡単にキャッシュバック条件を満たすことができ、すぐに15,000円を受け取ることが可能です。受け取ったキャッシュバックを毎月の支払いに回すのもいいですし、何か大きな買い物に使っても構いません。すぐにまとまったお金が欲しいという方にオススメです。

UQ mobileと同時に利用すると最大で年間6,000円割引

格安SIMのUQ mobileと同時に利用することで、最大で年間6,000円も割引してくれます。UQ mobile自体も月額1,480円から利用できる低コストなサービスであるため、auやdocomoなどのキャリアから乗り換えられたら数万円規模で節約可能です。

FUJI Wifi

最低利用期間がない(契約期間の縛りなし)

FUJI Wifi最大の特徴が最低利用期間がないということです。モバイルWifiやWiMAXなどはお得にインターネットを利用できるようにするために様々な割引を行っていますが、その代わり2年縛りといった契約を交わすことが一般的です。

月額料金が安くなるというのは魅力的なのですが途中でやめようと思っても契約更新月以外では解約することができずに結局損してしまうケースがあります。

例えばテレワークに合わせてWiMAXを契約したけど、テレワークが3ヶ月で終了してしまったとしましょう。その後もWiMAXをプライベートなどで使い続けるのであれば問題ありませんが、そうではない場合は解約したいはずです。

ですが最低利用期間が設定されている WiMAX を契約した場合は高額な違約金は支払わなければなりません。そのためテレワーク期間しかWiMAXを利用する予定がないという方は、契約期間の縛りがないFUJI Wifiが最適なのです。

契約事務手数料無料キャンペーン開催中

WiMAXを利用するために契約すると、必ずと言っていいほど契約事務手数料として3,000円が発生します。この3,000円は諸費用として支払うことが一般的なのですが、FUJI Wifiはこの契約事務手数料3,000円を無料にするキャンペーンが実施されています。

おまけにデータ容量無制限のプランが年間6,000円お得になるキャンペーンも同時開催中なのでかなりお得です。いつ終了するかはまだ告知されていませんが突然終了する可能性があるため、気になる方は要チェックです。

SoftBank Airだけはやめておこう

工事不要・置くだけで使えるSoftBank Airがありますが、SoftBank Airだけはやめておいた方がいいでしょう。どうもSoftBank AirはほかのモバイルWi-FiやWiMAXと比べると圧倒的に評判が悪く、リスクが高すぎます。

ここまで言われているものを最低利用期間付きで契約するのはかなり不安であるため、ほかのWiMAXやモバイルWi-Fiにしましょう。

  • 契約期間の縛りがなくいつでも解約できるタイプが良いならFUJI Wifi
  • すぐにキャッシュバック受け取りたいならBIGLOBE WiMAX 2+
  • コストパフォーマンス優先ならGMOとくとくBB

がおすすめです。

どれもどこでも使えるモバイルWi-Fi・WiMAXに変わりはないため、好きなサービスを選ぶといいでしょう。

カテゴリー:
関連記事