Brave認証クリエイターになってBraveユーザーからチップを受け取る方法

広告ブロックできるウェブブラウザとしてコアユーザーに使われているBraveブラウザ。

Braveブラウザを利用しているユーザーがサイトにアクセスしてきても、Google Adsenseやバナー広告などがブロックされてしまうため収益を獲得することができません。

ですが、Braveが提供する「Brave Rewards」の認証クリエイタープログラムに登録することで、Braveユーザーのアクセスで収益を得ることができるようになります。

今回はBrave Rewardsの認証クリエイタープログラムに登録する方法を見ていきましょう。

Brave Rewardsの認証クリエイターとして登録する方法

認証クリエイターへの登録はこちらから行います。

アクセスしたら登録に使用するメールアドレスを入力して[新規登録]をクリックしましょう。

登録すると認証メールが送られてくるので[Verify email]をクリックしてアカウントを有効化します。

最後にBrave Rewardsで使用する名前を入力して登録します。

二段階認証の設定を求められますが、必須ではないため飛ばしても構いません。

万が一のハッキング被害を防ぎたいのであれば2段階認証を設定しておくことをおすすめします

これでBrave Rewadsのアカウント登録が完了しました。続いては自分のサイトを登録していきます。

まずは一番下にある[チャネルを追加]をクリックします。

[ウェブサイト]を選択

自分のサイトのドメインを入力し、「ページ内でBraveの広告を配信することを許可する」にチェックを入れて次に進みます。

表示された認証方法に従って検証コードをサイトに埋め込んでいきます。

サイト所有者かどうかの検証が完了すると自分のサイトがBrave Rewardsに追加されます。

登録後、24~48時間程度でサイトが認証され、Brave認証クリエイターのウェブサイトとして収益を受け取れるようになります。

あとはPaypal連携などを行って収益を受け取れる準備をしておきましょう。登録完了後はずっと放置で問題ありません。

認証クリエイターになってどれくらい稼げるか?

Braveブラウザは月間アクティブユーザーが1,000万人を超えているウェブブラウザですが、国内のブラウザシェアでは0.01%もありません。

国内では超が何個ついても足りないくらいマイナーなウェブブラウザであるため、認証クリエイターになったからといってたくさん稼げるというわけではありません。

ですので、そこまで期待せず「ないよりはマシ」という気持ちで認証クリエイターに登録しておくといいでしょう。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: