Windows10 PINコードを設定する方法

Windows10にはバレてもアカウントへの不正アクセスの心配がほとんどないPINコードを設定できます。

PINコードを設定しておけば、悪質なキーロガー(ウイルスの一種)によるパスワードの盗聴を防げますので、可能な限り設定しておくように可能な限り設定しておくようにしましょう。

PINを設定する

PIN未設定の場合、Windows10の設定からいつでも設定できるようになっています。

  1. STEP

    Windows10の設定を開く

    スタートメニューの歯車アイコンをクリックしてWindows10設定を開きましょう。

  2. STEP

     [アカウント]をクリック

  3. STEP

    [サインインオプション]をクリック

  4. STEP

    [Windows Hello 暗証番号(PIN)]を選択し、[追加]をクリック

  5. STEP

    PIN作成の開始

    カンタンな案内が表示されるので[次へ]をクリックしましょう。

  6. STEP

    サインイン中アカウントのパスワードを入力

    現在Windows10PCのサインインで使用しているアカウントのパスワードを入力してサインインします

  7. STEP

    PINのセットアップ

    4ケタ以上の数値をパスワードとして設定しましょう。

    必須ではありませんが、数字だけだとやっぱり不安という方は英字と記号を含めるにチェックを入れて登録しましょう。

  8. STEP

    セットアップ完了

    しばらく待つとPINのセットアップが完了し、今後PINをパスワードの代わりに使用することができます

PINは設定したパソコンでのサインインでのみ有効なので、万が一MicrosoftアカウントのメールアドレスとPINコードがバレても不正アクセスされることはありません。

はじめは違和感を感じるかもしれませんが、セキュリティを高めたいのであれば必須ですので、しっかり設定しておくようにしましょう。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: