Google XML Sitemapsをインストールしてもsitemap.xmlがない原因

WordPressは自動でサイトマップが生成されるわけではないため、Google XML Sitemapsというプラグインを使ってサイトマップを自動生成・Googleに通知するのが一般的です。

ですが、Google XML Sitemapsをインストールしてsitemap.xmlにアクセスしようとしてもファイルが見つからない・Search Consoleへの追加に失敗したという状態になったことはないでしょうか?

sitemap.xmlが見つからない原因はパーマリンク

試しにドメイン名/index.php?xml_sitemap=params=にアクセスしてみてください。

sample.comならsample.com/index.php?xml_sitemap=params=ですね。

Google XML Sitemapをインストールして有効化しているのであれば、なぜかアクセスてきてサイトマップが表示されたのではないでしょうか。

これはパーマリンク設定がデフォルトになっていることが原因です。

デフォルトのWordPressはトップページ以外の下層ページが全て?XX=~みたいになっており、URLがsample.com/sitemap.xmlのようになってくれないのです。

パーマリンク設定は設定パーマリンク設定から変更可能です。

おそらくパーマリンク設定の共通設定基本になっているはずなので、基本以外のものに変更してください。

参考程度に当サイトは共通設定を年/月/投稿名にしています。

年/月を含めておくことで、アクセス解析ツールで公開月別アクセスデータを分析しやすくなります。また、記事を更新して更新日が変わることがあっても投稿日を帰ることはないため、スラッグを変更しない限りURLも変化しません。

変更後、ドメイン名/sitemap.xmlにアクセスしてみてください。サイトマップが正常に表示されたはずです。

表示されない場合はGoogle XML Sitemapの設定を開き、あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:を確認してください。

ここに表示されているURLが現在有効なサイトマップURLです。

Search Consoleにサイトマップを送信しようとして失敗した場合はパーマリンク設定を忘れている可能性があるので、確認しておきましょう。

こちらの記事も読まれています

カテゴリー: