危険なアプリをインストールしてしまわないようにするには?

スマホでいろんなアプリをなんでもかんでもインストールしていると、運悪く危険なウイルスアプリをインストールしてしまうことがあります。

ウイルスアプリは巧妙に作られているため、素人には見破ることが難しく、ついインストールしてしまうことが少なくありません。

しかし、セキュリティに関しては素人でもウイルスアプリに対抗できる手段がひとつあります。

セキュリティアプリでアプリチェックを行う

一番簡単なのはセキュリティアプリを入れることです。
ただし、このセキュリティアプリを選ぶ際も重要で、悪質な開発者がセキュリティアプリと見せかけたウィルスアプリを公開していることもあります。

そのようなウイルスアプリを避けつつ、安全性の高いセキュリティアプリを見つける方法はどうすればいいのでしょうか?
できるだけ直感的にわかりやすいように紹介していきます。

安全なセキュリティアプリを見つける方法

評価の数が多いかどうか

一番簡単な見分け方は、評価された回数が多いかどうかです。
ウィルスアプリの場合は見た目は完全にコピーすることができても、評価の数は真似ることが出来ません。

例えばこのアプリだと2500万人以上が評価していますね。
これは極端な例ですが、少なくとも評価が1万件以上あれば、ウイルスかどうかの判断材料として十分でしょう。

これだけで、ほとんどのウイルスアプリからあなたのスマートフォンを守ることができるになります。

既に他の人が利用しているセキュリティアプリを使用する

この記事でも後で紹介しますが、実際に他の人が使用しているセキュリティアプリを入れるというのも安全です。

完全に独断で利用としてしまうと、何が人気で評価が高いのかわからないので、実体験ベースで紹介してくれているサイトなどを見ると、安全に見つけ出すことが出来ます。

参考程度に私が使っているセキュリティアプリを紹介します。

Androidで使用しているアプリ

ちなみに iPhone もサブで持っているのですが、こちらはセキュリティアプリを入れていません。
理由は単純で、セキュリティアプリが入らないぐらい iPhone のセキュリティが強力だからです。

ノートンなどいくつかiPhone 向けのアプリも公開されていますが、実際にできるのはウイルス対策ではなく、「iPhone 端末を無くした時に役立つサポートアプリ」であり、ウイルス対策機能はついていないのです。

ですので、iPhone ユーザーの方はセキュリティアプリに関して心配する人はないですよ。

Google Play ストアやアップルストア以外からアプリをインストールしない

一番やってはいけないのが、Google Play ストアやアップルストア以外の場所で、得体の知れないアプリをインストールすることです。

Google Play ストアやアップルストアに公開されていないアプリは厳密な審査を受けていないため、ウィルスアプリを平然と公開することができるのです。

さらに、各ストア外からアプリをインストールして万が一ウイルスでスマホが操作できなくなった場合、サポートを受けられない可能性もあるので、よっぽど信頼できるものでない限り必ずGoogle Play Storeやアップルストアからアプリをインストールするようにしましょう。

セキュリティが高い iPhone とはいえ、アップルストア にないアプリをインストールするのは非常に危険です。
下手にリスクを背負いたくないのであれば、むやみに冒険せず、各ストアに提供されているアプリで対策をとるようにしましょう。

Googleで再検索する
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus