Amazonにある本が図書館で借りられるか調べるChrome拡張「その本、図書館にあります。」

ブラウザ拡張機能

みなさん図書館を有効活用していますか?

おそらくほぼすべての方が図書館で頻繁に本を借りたりしていないでしょう。私と同じように学校の図書室で借りたのが最後という方は多いはずです。

ですがそんな図書館を有効活用できる Chrome 拡張機能が「その本、図書館にあります。」です。

「その本、図書館にあります。」とは、近所の図書館を事前に登録しておくことでAmazonで見ている本が近くの図書館で借りられるか調べることができます。

図書館なら無料で本を借りられるので、図書館で扱われていたら Amazon で購入する必要はありません。

ずっと手元に置いておきたいのであれば話は変わってきますが、数回読んだらもうほとんど読まないという場合は無料で借りられる図書館が役立ちます。

今回はAmazonで見つけた本を図書館で借りられるが簡単に調べられる拡張機能「その本、図書館にあります。」を紹介します。


「その本、図書館にあります。」の使い方

まずは「その本、図書館にあります。」をChromeウェブストアからインストールしておきましょう。

ほとんどの拡張機能はインストールしたら即使えるようになりますが、こちらの拡張機能は検索対象の図書館を事前に設定する必要があります。

 

インストールしたら特徴機能のアイコンをクリックして[図書館の設定]を選択してください。

図書館を設定するタブが開かれます。

 

設定画面を開いたら、「図書館の都道府県を選択」から登録して図書館がある都道府県を指定してください。

 

次に市区町村を指定します。

すると指定した市区町村内にある図書館が一覧表示されるので、検索対象の図書館を選択して[設定]ボタンをクリックします。

登録したらAmazonで何か本を検索して商品ページを開いてみてください。

 

ページを開くと「この本が図書館にあるか検索」という項目が追加されています。

本がある場合は貸し出し状況が表示され、取り扱っていない場合は「この図書館からは検索されませんでした」と表示されます。

もし購入しようとしていた本が取り扱われていた場合は購入せずに読むことが可能です。

貸出中の場合はすぐに読めませんが、予約すれば確実に読めますのでとてもおすすめです。たくさん本を読みたいけどお金が足りないという場合は積極的に活用しましょう。

利用時の注意

図書館に本があるか調べたい時は、Kindle・Audible版以外を選択するようにしてください。同じ本でもKindle・Audible版の商品ページを開いていると図書館に本があるかどうか検索されません。

図書館を設定したのに「この本が図書館にあるか検索」の項目が追加されない場合は高確率でKindle版・Audible版のページを開いているので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Acceliv